履歴書・自己紹介書

01履歴書・自己紹介書

履歴書の書き方
履歴書・自己紹介書

1.書類提出日かその前日を記入しましょう

2.「ふりがな」の場合はひらがなで書きます

3.履歴書に貼る写真の裏には、氏名と学校名を書くようにしましょう

4.住所は略さず都道府県名から書きます

5.メール

書類選考の合否連絡や面接の日程調整などがメールで来る場合があります。日常的にチェックするメールアドレスを記載するようにしましょう。

6.履歴書作成日も含め、西暦か元号のどちらかに統一しましょう

7.中学校卒業から記入し、学校名称は省略せずに正式名称で書きましょう

8.卒業見込みも忘れずに記入しましょう

9.職歴にアルバイトは含まれません

10.「学歴」「職歴」ともに最後に「以上」で締めくくります

自己紹介書の書き方
自己紹介書の書き方

1.学業で力を入れたこと

学生は職歴がないため人間性やその人が仕事でどのように貢献できるかは、学生時代の様子でしか判断できません。学業で力を入れていることを通して、会社に入ってからも継続力や勤勉さで貢献してくれるだろうという期待感が持てます。この項目では、自分がどのようなことができるのか、どんな経験をしてきたかをアピールしましょう。

2.学業以外で力を入れたこと

「何に力を入れたか」の説明よりも、その活動を通して、どのような考え方や感じ方をしたかについて、具体的に書きましょう。

3.資格、免許、特技、趣味など

資格は正式名称を記入します。卒業と同時に取得できる資格は、「資格見込み」と書きます。趣味は継続している年数も書きましょう。

4.自己アピール

自分の強みが際立つよう、アピールする項目は1つか2つに絞ります。どのように仕事に生かすかを書くことで、働き方やビジョンを持っていることが伝わります。

5.志望動機

競合他社ではなく、その企業でなければならない理由を書くことが重要です。企業の考え方に共感しただけでなく、インターンシップやOB訪問など、企業が開催するイベントに積極的に参加したことを伝えましょう。

Copyright©2020 shimane-shukatsu.com All Rights Reserved