教員への就職活動の進め方

01教員への就職活動の進め方

教員試験を受けるには、実施内容やスケジュールに関する情報収集をしっかり行いましょう。公立学校と私立学校では試験内容やアプローチが異なります。就職する都道府県や指定都市教育委員会によっても、実施内容やスケジュールが異なります。

教員の仕事・役割とは、生徒たちに勉強を教えるだけの仕事ではありません。生徒一人一人と徹底的に向き合い、自立した人間を育て、個人の能力を伸ばす役割を担っています。

仕事内容は、学級経営、部活動指導、進路指導、学校事務作業、保護者や地域住民との関係構築と多岐にわたります。いじめや不登校、児童虐待、モンスターペアレント問題などに真摯に向き合い解決する能力や姿勢が求められます。課題も多いですが、生徒の可能性や社会性などを育み、人生を左右する影響を与える存在として、やりがいのある仕事でもあります。

教員への就職活動の進め方
大西先生のワンポイントコラム
教員への就職活動の進め方
~自分の考えを明確にしておくこと~

以前は、高倍率でなかなかなれなかったのが学校の先生です。しかし、学校を取り巻く環境の変化で、教育の現場も人手不足が続いています。
「教員になりたい!」と思っている人にとって、今はチャンスだと言えます。
採用状況は大きく変わりましたが、昔も今も、教員を志す上でぜひ、自分なりの考えをしっかり持っておいてほしい2つの問いがあります。
この2つの問いに対して自分なりの答えを持っておくことが、単に採用面接に合格するためだけでなく、教員としての仕事人生を送る上で重要なのです。

Copyright©2020 shimane-shukatsu.com All Rights Reserved